おせち料理の添加物なしって何が入ってないの?

添加物なしのおせちが近年、多くの店から製造・販売されています。
また、健康志向や安全志向と相まって添加物なしのおせちが人気を集めています。
ですが、添加物なしのおせちと一言でいっても、その定義はとても広いのが現状です。

まず、添加物なしと言いますが、実は表示するにあたって法律上の縛りはありません。
製造、販売する会社がそれぞれの基準を設けて表示しているに過ぎないのです。

添加物とは、どういったものなのでしょうか。
食品添加物は、次の4種類に分けることができます。


1つめは、指定添加物です。
これは、有効性と安全性が国の機関によって確認されたものが挙げられます。
さらに指定添加物として指定されるためには、厚生労働大臣による指定を受ける必要があります。

具体的には、キシリトールや主にチーズやハムに使用されており、菌やカビを抑える効果があるソルビン酸が含まれます。

2つ目は、既存添加物です。
天然添加物として長年に渡り使用されてきたものが挙げられます。
長年の実績が厚生労働大臣から認められ、厚生省から告示されている、既存添加物名簿に載っているものが当たります。

具体的には、ガムや清涼飲料水に甘味をつけるステビア抽出物が含まれます。
これは、キク科のステビア属の植物から抽出されるもので、多くの食品に添加されています。
豆腐作りに欠かせないにがりも既存添加物のひとつです。

3つ目は、天然香料です。
これは香料をつける添加物です。
植物や動物から採れて、食品の香りづけに使われています。

具体的にはカニ香料が当たります。
カニから抽出されるものであり、かまぼこなどの香りづけに使われます。

最後は、一般飲食物添加物です。
これは、ふだんは食べたり飲まれたりしているもので時に応じて添加物として使用されているものを指します。

たとえば寒天がこれに含まれます。

このように、添加物といっても科学的なものばかりではありません。
ふだん私たちが口にしているような自然由来、食品由来のものも多いのです。
もちろん以上の他にも、さまざまな添加物が数多く存在しています。

添加物なしという表示から、添加物が全く使われていないとイメージを持ちやすいかと思います。
ですが、寒天やキシリトールも添加物となっているので、本当に全く添加物なしの食品というのは数少ないようです。

さらに、添加物は使っていなくてもおせちには着色料を使っているものもあります。
添加物なしを謳っていても、何が入っていて何が入っていないのか自分で確認することが大切です。

無添加おせちをどう選ぶ?関連コンテンツ

おせち料理を通販で買って失敗しないために
無添加のおせち料理を通販で購入が増えてきた現代。 おせち料理にとって大切なのは、味と彩り、そして保 ..... >> 続きを読む

化学調味料無添加のおせちって販売されてる?
化学調味料無添加を謳った多くのおせちが、製造・販売されています。 また、健康志向や安全志向と相まっ ..... >> 続きを読む